‘肌のこと’ カテゴリーのアーカイブ

秋の肌トラブル別メイク

2017 年 11 月 22 日 水曜日

 

 

寒い冬も近づきましたが、これからおしゃれを楽しむ季節ですね。

そんな時、メイクはファッションを引き立たせてくれます。

しかし・・・

いざメイク!と挑んでも、シミ、ニキビ跡、毛穴・・・

メイクで隠れなくて困っていませんか?

シミを隠そうと、コンシーラーを塗ったり、ファンデーションを重ねすぎて

よれてしまったり・・・

そんなトラブルに・・・簡単にできて、カバーできるコツご紹介します!

しみ ニキビ跡

つい隠したくなり、厚くファンデーションを重ねてしまいがち・・・

おすすめはハイライト!

気になる部分に、ブラシでさっと塗ります。

すると、気になる部分が輝いて、透明感が出ます。

そこに、かるーーーーーく、粉のファンデーションを重ねると

しみがぼんやりして目立たなくなります

薄いファンデーションなのに、つやがでて、自然にきれいな肌を作れます。

さらに・・・その粉が紫外線を反射して、しみ予防になりますヨ♪

毛穴

メイクをしたはずなのに・・・目立つ毛穴

ここでもハイライトが大活躍!

お肌につやができて、いきいきした肌に見えます♪

2016 年 10 月 13 日 木曜日

今日も元気に営業中!

だんだん寒くなりつつ、秋を感じますね♪

秋と言えば、食欲の秋!

食いしん坊の私にとって心躍るようなうれしい季節です。

待ってましたといわんばかりに、

ほくほくした、アッツアツのサツマイモ

剥くのは一苦労するけど、あまくておいしい栗

骨と身を上手に分けるとうれしいさんま

絞っても、お風呂にいれても、煮ても、なんでも使えるゆず

考えただけで、幸せな秋です

そんな秋、お肌にとっても夏の疲れた肌を回復させたり

冬に備えて着々と準備を肌の中では始めています

お手入れでは、お顔の代謝をアップさせつつ

冬に備えての肌を作るメニューを用意して、お待ちしております・・・♪

IMG_20140107_140241

梅雨の肌トラブル

2016 年 6 月 3 日 金曜日

今日も元気に営業中!

お肌のトラブルと対策について書いている、6月ベルズ通信も発行しました

(自宅に届きましたでしょうか ^^?)

ベルズ通信はサロンでも配布中です♪

s_DSC_0864

6月と言えば、梅雨・・・今回は梅雨による肌トラブルについてお知らせしたいと思います!

雨の降る日が多ければ、当然、湿度も高い状態が続きますよね。

肌にとって理想の湿度は、50~60%と言われてますが、雨の降る日の湿度は70%越えはよくある事です。

湿度が高いと、肌から汗が蒸発しづらく、肌表面に、汗が長く残ることになり、皮脂とともに肌をべたつかせてしまいます。

また、汗により、肌がアルカリ性に傾きます、そうなると、肌表面の菌のバランスが崩れてしまい、

肌に肌を荒らす菌が住み心地が良くなり大繁殖!にきびや肌アレを起こしやすい状態に!!!

他にも皮脂や汗がお肌に付着、何かとデリケートになりがちな梅雨のお肌(とほほ・・・)

梅雨の時期は特に肌を清潔に、

丁寧な洗顔で、お肌の皮脂のコントロールし、肌の負担を減らしましょう♪

 

汚れを落とすだけじゃない!

スキンケアの土台作りは洗顔にあり!!!

きちんとしたクレンジング、洗顔方法で汚れを落とすと、古い角質が自然とはがれおち、

肌のきちんとした代謝が整います。

肌の透明感、化粧のり、スキンケアの効果UP・・・・などなど

だから、毎日の洗顔は心を込めて丁寧に。。。

CHECK1 洗顔の温度は32~35℃がベスト

CHECK2 手を石鹸で良く洗い、清潔にしてから、泡立てます(泡立ちもかわりますよ♪)

 

 

ぜひぜひ注意しながら、美肌を手に入れてくださいね♪

 

肌の糖化の話

2016 年 5 月 11 日 水曜日

昨日は糖化と肌の事を書きました

糖化について←クリック

糖化は肌を黄色っぽくくすませたり、目の下や肌全体の固いしわを作る原因になったり

(コラーゲン同士を固めてしまうため、固いしわができます)

老化の元になってしまう原因に、でも、だからといって

糖分は体のエネルギーの主で、ごはん、パン、飲み物・・・毎日口にするものでもほとんど含まれています・・・!

糖分コントロールしたいけどなかなか・・・という方に Bellesのおすすめは

 

桑の葉美人 

DSC_0643

です♪ 桑の葉は昔から、糖尿知らずと言われているように糖の対策に効きます!

このグラフを見て頂きたいのですが、その糖分カットの秘密♪

DSC_0582

炭水化物や糖質を摂る30分前に摂ることで、腸の糖分が吸収される場所に、先に桑の葉のDNJという成分が、フタをしてくれて、糖は吸収されないまま大腸へ・・・そして外へ♪

血糖値も急激に、上がることがなくなるので、肌の糖化の原因AGESの対策にもなります。

AGES・・・糖とタンパク質が結びつき新しい物質になり黄色いくすみや固いしわの原因になること)

そして桑の葉の葉っぱは、化粧品の美白成分に使われてる位美白効果も高いんです♪

その秘密は抗酸化作用、肌や体がなんとなく、朝と比べてくろっぽく、夕方になるにつれてくすんでると感じる事ってありませんか?

それは、体の中が酸化して(イメージはりんごを切ってしばらくしたら茶色くなる)

肌全体が黒っぽく見えるからです・・・しかし、桑の葉は体の中の酸化を防いでくれて、肌の中の酸化も防ぎ、美白へ導いてくれます!

そして・・・今大大大 美腸 ブームですが(コンビニにも本がたくさんありました!)

数ある乳酸菌の中でものすごい強い乳酸菌(有胞子乳酸菌!)

この菌は本当に健気で強い菌です・・・煮ても高温でも冷凍でも死なない

腸に届くまで 非常に硬い鎧のようなもので覆われてて、腸に届くと胞子が開き

善玉の乳酸菌を増やす活動をします、ちゃんと腸まで生きて届き腸内環境を整えます

実際に、美白や糖の対策で飲んでおられた方が、お通じが良くなったとお声を頂いております♪

DSC_0583

そして・・・新成分 SPF 豚プラセンタエキス

も新配合で仲間入り!

DSC_0584

プラセンタとは、英語で胎盤のことをいいます。

母体と胎児をつなぐ重要な器官である胎盤はまさに栄養の宝庫♥

SPF豚とは?

DSC_0585

有効成分は通常の豚の3倍!WOWです!

DSC_0591

プラセンタの効果は、肝臓、腎臓の働きを高めたり、傷んだ細胞の修復をしたり

ホルモンバランスの調整、疲労回復にぴったりの成分です

大切なお肌への効果ですが、

DSC_0586

メラニンの抑制・・・しみ くすみ 美白

コラーゲンの生成活性化・・・しわ たるみ

傷んだ細胞の修復・・・にきび にきび跡

水分保持力UP・・・毛穴 キメを整える

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな栄養のたっぷりつまった桑の葉美人 今月5月から6月10日まで

キャンペーン行っています♪

糖対策 美白対策 腸内環境対策 栄養 にぜひご検討ください~!

DSC_0587

 

長い文章でしたが、読んでくださってありがとうございました!!

次回は 5月の肌トラブルと言えば、毛穴のトラブル・・・毛穴についての肌情報をお伝えします♪

 

 

 

 

 

肌の糖化の話

2016 年 5 月 10 日 火曜日

IMG_20151006_102839

気温が上がりだし、冷たくて甘い誘惑が多い季節になりますよね。

ジュース アイス かき氷 みずみずしい果物 ビール♪

これら糖分を多く含む食べ物や飲み物が、実は体の中で糖化

という症状を招き、肌のくすみ、たるみ、老化を進ませているということをご存知ですか?

数年前より、老化の原因の一つとされている糖化」。

そもそも糖化とはどのようなものなのでしょうか?

糖化とは

糖化とは私たちの身体の大部分を構成する”タンパク質”と 

食事などで摂取して余った””が 結びつく現象 をいいます。

糖は 体のエネルギーの一つですが、糖を摂りすぎると、体内にある

タンパク質”と結びつき AGES と呼ばれる物質に変化します。

DSC_0580

この AGES が肌の老化を進ませる 張本人!!!

AGES はコラーゲン同士を固めてしまう為、肌ははりをなくし、

たるみを引き起こします。

そして AGES 自体、褐色なので 肌はくすみます。

また、ターンオーバーが低下する為、肌の潤いが維持できなくなり、

カラカラのゴワゴワ肌へ・・・まさに糖化は老化の元凶!!!!!

糖化を防ごう!!!

DSC_0581

↑↑↑

このグラフを見て頂きたいのですが

朝 昼 夜

ごはんを摂ることで 山のように血糖値が上がります

このままだと通常なのですが、間に甘いもの、お酒などなど、糖分を接種することで

この山が二つも 三つも上がります!この余った山が AGES に・・・これが

積み重なって、くすみだったり、たるみだったり、老化の原因の一つに・・・ひー!

食べる順番に気をつけて、血糖値急な上昇を抑制しませんか?

①食物繊維(野菜 きのこ)

②タンパク質(肉 魚 卵 まめ)

③糖質(米 ぱん)

血糖値の上昇をゆるやかにし、糖の上昇を抑えます!

BELLESではもっと簡単に糖をコントロールできるアイテムがございます!

それがこちら★

桑の葉美人

DSC_0589

お米 炭水化物 甘いものを摂取する30分前にのむことで、糖分をカットしてくれるんです!

桑の葉は昔から、糖尿病を予防する薬として、知られていました。

イベントごとの多いこの季節は暴飲暴食をしてしまいがち、

疲労やストレスであまいものを欲してしまいます。。。

しかし・・・老化につながる AGES は作らせたくないですよね・・・

そんな時 桑の葉美人は 強い味方です!

続き → 糖分 CUT 桑の葉美人の秘密 は 明日5月11日更新です♪

 

魔法のパウダー

2016 年 5 月 5 日 木曜日

DSC_0483

今日も元気に営業中!

男性の方、本日はおめでとうございます♪(こどもの日)

今日はとってもいいてんき♪いいこいのぼり日和ですね♪

GW、なんだか夏並みのじりじりした紫外線の強さを感じます、

いくら、日焼け止めで対策しても、じりじり焼き付けるような紫外線、

ばっちり対策しても、汗でおちてしまったり、不安がつきものです

そんな時、役にたつアイテムがこちら!!!!!

DSC_0506

 

 

 

 

 

DSC_0507

プレストパウダー

このパウダーの中は細かい粒子が入っていて

この細かい粒子が紫外線を鏡のように、常に反射してくれます

このまりのようなパウダーをブラシでくるくるっと回して頂き

顔のメイクの仕上げに、さっとひと塗りするだけ

肌はつやがアップしますし、肌がいきいきとみえます♪

 

これから、じわじわ紫外線が増えていく季節から秋位にかけて

紫外線対策にプラスしてみてはいかがでしょうか?

鏡のように反射してくれます♪

 

痩身美石鹸

2016 年 4 月 21 日 木曜日

s_IMG_0066s_DSC_0488今日も元気に営業中!

Spring sunks fair始まり、一週間

くじもご好評いただいております♪

 

まだ・・・一等賞の、アーユルヴェーダは当選者はでておりません!!!

まだまだチャンスはございます!!!ぜひご利用ください★

4月なので、ベルズおすすめ4品・・・その3

ソーシビ石鹸(痩身美石鹸)

 

DSC_0487

 

一つ一つ丁寧に練り上げた石鹸。

春は体の中に溜まっていた、老廃物を一気に吐き出す季節です。

そのせいか、背中もなんだかベタベタ・・・

皮脂腺が多い背中はニキビができやすくなります。

そんなお悩みに・・・ソーシビ石鹸!

 

しっかり洗えて、さっぱり、しっとり。

DSC_0488

そして そして・・・うれしいのが、ソーシビ石鹸には、むくみやセルライトに効果のある

ミネラルたっぷりの、美容塩配合♪

洗いながら、マッサージして、すっきりBODY目指しませんか?

ダチョウ

2016 年 4 月 17 日 日曜日

s_s_IMG_0066

ベルズ 4月おすすめ 4品・・・その2

オストリッチ PBミスト

花粉症対策に、とてもユニークな1品です!

ダチョウに花粉を接種し、そのダチョウが卵を産むと、抗体が卵へ移動します。

そしてその卵から抗体を抽出!!!

花粉の抗体を持つスプレーPBミストはこうして誕生しました★

 

昨年販売を期に、花粉症ではないのですが、店長&二代目は、花粉で毎年涙がとまらない為

使ってみることに!

まず実験 PBミストをつける店長

PBミストをつけない二代目

二代目は涙&目のかゆみが起こるのに対し、店長はつらい症状が緩和!でした★

毎年花粉での顔のかゆみに悩むお客様も、PBミスト使用で、今年は大丈夫!

とお声を頂きました。

 

ちょっとユニークな1品ですが、このミストをサロンに置く前に

もっとダチョウの抗体について知りたいと思い

こんな本を読みました(図書館にありました♪)

2xuw-6Js

 

大変おもしろい本で、なぜ、ダチョウ!?って疑問がすっきりします

この本を書いた方はダチョウを研究している途中気づいた事があったそうです

それは、ダチョウでも花粉症になって目が腫れているダチョウがいることに気が付き観察

すると数日後、目の腫れが治まってる。。。

そんなダチョウを数匹見て、花粉に対する抗体を作っているのではないかとヒントを得たそうです

 

その他・・・・

ダチョウは40年も生きること(意外と長生き)

ダチョウは仲間にやられて、肉がえぐられるくらい深い傷を負ってしまっても、翌日には新しい皮膚 そして数日には元通りって位、強い鳥って事(なんてたくましい。。。)

一頭が走るとほかのダチョウも走って集団で走ること(怖い)

 

読んでたら、ダチョウの事が・・・・大好きになってしまいました(笑)

 

こちらのオストリッチシリーズ、ニキビのアクネ菌ブドウ球菌だけを抑制する

全く新しい発想のニキビケアもあります!

詳しくはぜひお問い合わせください(^^)

 

鏡に映った!

2015 年 6 月 9 日 火曜日

今日も元気に営業中!

じめじめ天気ですが、あじさいが綺麗に咲く季節です、

じめじめ、気分もじめじめなんてことありませんか?

こんな雨の日はカラオケに行ってグローブを上手に歌ってみたいものです(歌えません、夢です)

鏡に映ったっっ!あなたと二人~!!

なんて、お話が変な方向に行ってしまいましたが・・・

今日はその鏡の反射のお話です、

話は戻り、雨でじめっとした今日ですが、雨が上がったあとの日差しはとても強く、紫外線がお肌にとても通りやすくなります。

紫外線はシミの元になったり、肌のはりを支えている、コラーゲンや エラスチンを破壊

だんだん肌のハリを弱らせていき、しわ、たるみの元も作ります

日焼け止めを塗ったり、対策はとっているものの、汗でや皮脂で、日焼け止めが落ちてしまったり、塗りのこした時に、うっかり日焼けをしてしまうことも・・・!

IMG_20150603_132532IMG_20150603_132553

 

そんなうっかりはちべえ日焼けを予防するのが、粉おしろいに含まれている小さな粒子!

ベルズでは粉おしろいもございますが、プレストパウダーという、

まるで”マリのような”柄のパウダーを扱っています♪

IMG_20150603_132410

この粒子肌に乗せることで、紫外線を鏡が反射するように(ここで鏡)

常にいろんな方向へ乱反射してくれます。

IMG_20150603_132503

IMG_20150603_132441

 

つけ方はいたってシンプル♪

IMG_20150603_132649

IMG_20150603_132949

手のひらでいったんブラシをなじませます

そして

IMG_20150603_133011

お肌全体になじませ、つやつやしてきたら完成♪

IMG_20150603_133045

もしつやつやが気になるようでしたら、その上から粉のファンデーションでなじませても OK!

ファンデーションによりとっても自然な雰囲気の肌つやが出ます♪

夏の紫外線対策に、日焼け止め止めはもちろん♪

ベルズで最後のお仕上げにメイクするとき、紫外線予防につけるようにしています。

魔法の鏡のパウダーでつやつやになーれ♪

 

夏の冷え

2015 年 5 月 20 日 水曜日

IMG_20150512_185056DSC_0677

先日のこと、雨あがりの午後、一瞬だけ虹が顔をみせてくれました、

もうすぐ梅雨入り、夏もあとすこし・・・暑い夏がもうそこまできています。

夏に暖かい白湯を摂ることで、体は次の季節への体作りの準備を始めるそうです、

私は子供のころ、キンキンに冷えた麦茶、自動販売機から出てくる冷たい炭酸飲料に顔を当てて

顔を冷やしてから飲んだり、アイスやところてん、冷たいものが大好きな人間でした、

しかしその習慣が、後にとんでもないことになったのです、

それは小学5年生の冬、朝おきたら、目が開かない、口もあかない(!)

IMG_20150520_164657

口があかないものだから、声もぼそぼそっとしか出ない、鏡をみてみたら

赤ピンクに腫れた顔、なんじゃこりゃ!っとびっくりしました。

IMG_20150520_164710

ついついかゆくて手が掻いてしまいそうなのを抑えて、手が震えます、

更に寒いから、暖かい所で暖まろうものなら、血行が良くなり痒いのです、

なので、極力暖かい場所は避け、冷たい場所に居ることに、

数日 様子をみてみましたがどんどん悪化、全く自分自身どうすればいいのかわからず、

その時、お世話になってる神戸の漢方の先生に体質をみてもらった所

「冷たいもの、とりすぎてませんか?腸が冷えてますし、腎臓も弱ってますよ」

(当時はわからなかったのですが、まぶたの腫れは腎臓のツボと繋がりがあって、腎機能が衰えて、抵抗力がDownしまぶたを守ろうと炎症が起こる)

よくよく振り返ってみると、冷たいものばかり摂ってました。

でも、元々アレルギー体質、顔は体の健康のバロメーター、

顔が腫れて炎症がおこる=体の中も炎症が起こってる

なので自然と体の炎症を冷やそうと氷水や冷たいものを欲してたんだと納得。

それから原因がわかってからというもの、本気で体質改善実施(小5)

食事とかいろいろ変えたのですが、一番根本なものが

夏の冷たい飲み物→白湯やほうじ茶、番茶にCHENGE!

(アイスもジュースも3年はガマンしてました)

シャワーで済ませる→湯船にじっくり、お客様が三朝の株湯に連れってってくださったことも(本当に本当に今でもずっとこれからも感謝です)

夏でもホッカイロを腰から握りこぶし一つ分のあたりに、腎臓のツボがあるのでそこに貼ったり、

とにかく体を暖めること約3年!

ちょっと体が疲れた時や油断してつい冷たいものを摂ろうものならアレルギーは出ましたが、

すっかり良くなりました

私の場合相当冷えが蓄積されてた為、冷えを治すには相当の根気や習慣を変えなければいけませんでしたが、よく祖母が夏でもおなかひやすなよーっていってた言葉がとても染みます。

 

私がいうのもなんですが・・・冷えって本当に気づかなくて蓄積されていくので恐ろしいです!

冷えにはご注意です

 

 


powered by wordpress.