2015 年 5 月 のアーカイブ

夏の冷え

2015 年 5 月 20 日 水曜日

IMG_20150512_185056DSC_0677

先日のこと、雨あがりの午後、一瞬だけ虹が顔をみせてくれました、

もうすぐ梅雨入り、夏もあとすこし・・・暑い夏がもうそこまできています。

夏に暖かい白湯を摂ることで、体は次の季節への体作りの準備を始めるそうです、

私は子供のころ、キンキンに冷えた麦茶、自動販売機から出てくる冷たい炭酸飲料に顔を当てて

顔を冷やしてから飲んだり、アイスやところてん、冷たいものが大好きな人間でした、

しかしその習慣が、後にとんでもないことになったのです、

それは小学5年生の冬、朝おきたら、目が開かない、口もあかない(!)

IMG_20150520_164657

口があかないものだから、声もぼそぼそっとしか出ない、鏡をみてみたら

赤ピンクに腫れた顔、なんじゃこりゃ!っとびっくりしました。

IMG_20150520_164710

ついついかゆくて手が掻いてしまいそうなのを抑えて、手が震えます、

更に寒いから、暖かい所で暖まろうものなら、血行が良くなり痒いのです、

なので、極力暖かい場所は避け、冷たい場所に居ることに、

数日 様子をみてみましたがどんどん悪化、全く自分自身どうすればいいのかわからず、

その時、お世話になってる神戸の漢方の先生に体質をみてもらった所

「冷たいもの、とりすぎてませんか?腸が冷えてますし、腎臓も弱ってますよ」

(当時はわからなかったのですが、まぶたの腫れは腎臓のツボと繋がりがあって、腎機能が衰えて、抵抗力がDownしまぶたを守ろうと炎症が起こる)

よくよく振り返ってみると、冷たいものばかり摂ってました。

でも、元々アレルギー体質、顔は体の健康のバロメーター、

顔が腫れて炎症がおこる=体の中も炎症が起こってる

なので自然と体の炎症を冷やそうと氷水や冷たいものを欲してたんだと納得。

それから原因がわかってからというもの、本気で体質改善実施(小5)

食事とかいろいろ変えたのですが、一番根本なものが

夏の冷たい飲み物→白湯やほうじ茶、番茶にCHENGE!

(アイスもジュースも3年はガマンしてました)

シャワーで済ませる→湯船にじっくり、お客様が三朝の株湯に連れってってくださったことも(本当に本当に今でもずっとこれからも感謝です)

夏でもホッカイロを腰から握りこぶし一つ分のあたりに、腎臓のツボがあるのでそこに貼ったり、

とにかく体を暖めること約3年!

ちょっと体が疲れた時や油断してつい冷たいものを摂ろうものならアレルギーは出ましたが、

すっかり良くなりました

私の場合相当冷えが蓄積されてた為、冷えを治すには相当の根気や習慣を変えなければいけませんでしたが、よく祖母が夏でもおなかひやすなよーっていってた言葉がとても染みます。

 

私がいうのもなんですが・・・冷えって本当に気づかなくて蓄積されていくので恐ろしいです!

冷えにはご注意です

 

 

暑いですよー

2015 年 5 月 6 日 水曜日

今日も元気に営業中

IMG_20150506_100423

気が付いたら一か月ブログを書いてなかったですね!

 

草むしりをしながら、運転をしながら、何を書こうかひらめきつつ、

そのまま過ごしてしまってだめですね…

まめに書いていこうとおもいます。

GW最後の今日は、連休おもいの他疲れて、ゆっくり休みに来ました~!

とご来店のお客様と、ゆっくりした時間が流れて、店内もゆっくりムード♪

スタッフの河野さんが庭に生えてたお花を下さったのが元気にさいてたり

IMG_20150501_183527

あやめを近所の方から頂いたり

IMG_20150502_111555

おかげさまで花がいっぱいになった店内

やっぱりお花は癒されますね!

ありがとうございました!

 

さて、本来は肌が安定してきだす5月ですが、今年はPMや花粉の影響からか、

肌のアレルギーが目立ちます。

体の内からは、腸内環境を整えて、アレルギー物質に負けない体づくりをしつつ

良質な油をとって、肌の内側から膜を作ることが大切といわれています

あっ・・・あとBカロチンも!ニンジンやカボチャやピーマンのBカロテンは

粘膜の損傷を修復する効果が高いそうですよ~!

お肌にアレルギーが出ている方は、肌がとっても薄くなっており、

今まで大丈夫だったものが合わなくなったり、敏感に反応しやすいです。

お手入れはちょっとずつ様子をみて、炎症を鎮めつつ肌はしっかり保湿しつつ

そーっと肌を守っていきたいと思ってます。

 

 


powered by wordpress.